付き合う前 デート ドタキャン

付き合う前のデートのドタキャンの真意

スポンサーリンク

付き合う前のデートをドタキャンすると言うのは、いろいろな深い意味があることが多いです。

 

女性がドタキャンをした側だとすれば、まず考えられることは、女性はわりと人の意見に流されやすいです。

 

友達に相談したところ、やめておいた方がいいんじゃないかと言われたとき、本人はデート相手のことが好きだったとしてもその
意見についつい流されてしまって、じゃあ明日のデートはキャンセルするということに行き着くことがあります。

 

本人は、相手のことを好きだけれども、そうしてしまうことはわりと多いのです。

 

また、親友ならばそんなことはないと思いますが、先輩やあまり仲のいいわけではない友達に相談すると、キャンセルしたらとアドバイスされがちです。


スポンサーリンク


女性は嫉妬深いものなので、友達も彼氏ができそうな友達に対して多少嫉妬心を抱いてしまうことはあります。

 

なので、ついつい付き合う前なら、もうドタキャンしてしまえばいいんだよとアドバイスしてしまうのです。

 

後々、きちんと理由を聞いてみたら、ドタキャンされたとしても本心はすごく好きだったんだよということもあるので、1度ドタキャンされたぐらいでは、そこまで落ち込む必要はないです。

 

確かに、断られるのは落ち込んでしまうと思いますが、1度はデートをOKしているわけですから、それは少しでも好意があったということです。

 

何度もキャンセルされるようであれば、脈なしだと考えられますが、1度くらいであれば再度アタックしてもいいです。


⇒ 暑い夏を乗り切る!ひんやりグッズ特集【楽天】


スポンサーリンク