デート ドタキャン フォロー

デートをドタキャンした後のフォロー方法

スポンサーリンク

ここではデートをドタキャンしてしまった場合のフォローの方法について
紹介していきます。

 

気になっている男性とデートの約束をしているとき
直前になって急に都合が悪くなってしまい、やむを得ずドタキャンしなければならないことがあります。

 

付き合う前の関係で、デートをドタキャンしてしまうのは、相手の男性に対して、良くない印象を与えてしまうのではないかと、不安に感じるかもしれません。

 

 

ですが、人間誰しもドタキャンをしなければならない事情が発生してしまうことがあるものです。

 

ドタキャンしてしまったことを悔いるよりも、その後のフォローを適切に行うことを意識しましょう。

 

 

しかも、フォローの仕方によっては、相手からの印象をプラスに変えることもできます。
この機会を逆手にとって、気配り上手な女性であることをアピールするチャンスにしましょう。


スポンサーリンク


具体的なドタキャンのフォローの仕方ですが、まずはそうせざるを得なくなってしまった事情を説明して、彼に心から謝りましょう。

 

そして、約束をキャンセルしっぱなしにしておくのではなく、次の約束の予定を自分から取り付けることが大切です。

 

 

その際に、具体的なデートプランを自分で考えて、彼に提案することができれば、尚良いです。

 

そうすることによって、相手に「この子は本当に申し訳なく思っているんだな」「改めてデートがしたいんだな」と、プラスの印象付けをすることができるためです。

 

 

更に、お店の予約やチケットの手配なども事前にやっておけばパーフェクトです。

 

このように、相手に頼りっぱなしではなく、自分から気配りをすることができる女性であることを印象付けるのが大切です。


⇒ 暑い夏を乗り切る!ひんやりグッズ特集【楽天】


スポンサーリンク