部下 好き サイン

部下へのボディタッチは好きのサイン

スポンサーリンク

ここでは部下にボディタッチするのは
好きのサインなのかどうかということについて考えてみます。

 

職場において頼ってくる部下を徐々に気に入ってくる上司という関係図は多く見られます。

 

部下と上司という関係ではあってもそこに好きという感情が生まれくるのは自然なことであり、お互いにその想いが発展し成就することも良く見られます。

 

好きになってくるとお互いの距離は近づいてきますし、仕事でも新密度はアップしてきます。

 

時折頭や腕、肩などボディタッチも出てくることもあるので、それは好きのサインだと捉えましょう。

 

サインと思わなければお互いの好意は発展しない場合がありますので、気をつけましょう。

 

 

サインは多すぎてもいけません。
また、意中の人限定にするようにしましょう。

 

他の人にもしているのではないかという疑惑が浮上してくるようなサインの仕方では本末転倒でありいけません。


スポンサーリンク


ボディタッチは上司からではなくても、新密度が増してくると部下からもしてくることもあるでしょう。

 

気軽な挨拶に取り入れてくることもあるかもしれません。

 

お互いの好きのサインであることを認識できるようになったら、恋のかけひきに入ってもいい段階がやってきます。

 

 

職場の外で二人だけの時間を作る、二人にだけしかわからない話題を作る、共通の趣味を持ってみるなど、発展の形は様々です。

 

最初は小さなボディタッチから、そしてお互いの好きが高まったなら恋の発展へと進むように男性はリードしていくと良いでしょう。

 

 

時には性格的なものから、女性からのボディタッチが多いこともあるでしょうが、それを嫌と思わなければ好意があると捉えて恋を楽しむことをお勧めします。


⇒ 暑い夏を乗り切る!ひんやりグッズ特集【楽天】


スポンサーリンク