年下男子 好意

年下男子に好意を持ったら相手のココを見よう

スポンサーリンク

年下男子に好意を抱いてしまった場合。
自分が年上であることに引け目を感じて、なかなか自分からはアピールできない女性がいます。

 

その気持ちは分かりますが、年齢を理由に恋愛をあきらめるのはもったいないことですよね。

 

あきらめる前に好意を抱いている年下男子が年上女性を恋愛対象として見ているかどうか知る必要があります。

 

年上女性が年齢を理由に臆病になってしまうのと同じで、年下男子も自分が年下であることに遠慮して普段の恋愛と同じように強くアピールできないこともあるのです。

 

そんな中でも好意がある場合は必ず何かしらサインを出しています。

 

同い年や年上の男性とは違った遠回しのアピールに気づけるかどうかによって、年下男子とお付き合いできるかどうかは決まるのです。


スポンサーリンク


年上女性に好意がある場合は自分を「男」として見てほしいという気持ちが強くなるため、年下扱いされることを嫌がり対等であろうとします。

 

それを考えると敬語ではなくタメ口で話してくる場合はさりげないアピールの可能性が高いと言えるでしょう。

 

 

また仕事でもプライベートでも「同世代とは合わない」ようなアピールをしてきたり、自分よりも上の世代の話題ばかりふってくるときは、年上女性は十分恋愛対象に入っていると言えます。

 

年下男子の年上女性への恋愛アピールは総じて「男らしさ」を出し、年上女性に頼られても包み込むだけの包容力があることを見せようとしているのです。

 

そのため「若さ」をカバーしようとしたサインやアピール方法が多いのが特徴ですから、そこをしっかりと見極めれば大丈夫です。


⇒ 暑い夏を乗り切る!ひんやりグッズ特集【楽天】


スポンサーリンク