職場 気になる人 視線

職場の気になる人の視線の意味は?

スポンサーリンク

ここでは職場の気になる人の視線について掘り下げてみます。

 

視線は人間関係に重要なコミュニケーションツールです。

 

真剣さを伝えたり、自分の気になる人へ好意を伝えることができます。

 

 

職場での恋愛の発展は簡単なようでなかなか難しいと思っている人は多くいます。

 

仕事以外で気になる人と接点を持ちたいと思っていても、なかなか気持ちを伝えられないものです。
そんな時、視線を味方につけてみるのも方法のひとつです。

 

 

初対面の人の目を長い間みつめると好意の前に引かれてしまうケースもありますが、職場の気になる人へのアプローチ方法としては効果的です。

 

普段より長めに彼を見つめることから、はじめてみると簡単です。
あまり長く見つけてしまうと相手も動揺してしまうので、目を逸らし、間隔をあけることも必要です。


スポンサーリンク


相手の視野に入る回数が多いと、気になる人の頭に「よく見かける子」とインプットされます。

 

目だけではなく、カバンなど持ち物を見るというテクニックもあります。

 

「何を見ているんだろう」と思わせれば成功です。

 

 

視線は怖い顔で見つめるのではなく笑顔が大切です。
笑顔であれば、向こうから話しかけてくれる可能性もあります。

 

反対に、最近職場の男性からの視線を感じている人は、あなたの事が気になっているというサインで、脈があるかもしれません。

 

男性は女性よりも、気になる人を見る傾向にあります。

 

目が合うと恥ずかしいのが女性ですが、男性はうれしい、これは脈があるのではないかと感じます。

 

目を逸らしたあとに、ちらちらとこちらを見ているという場合はもっとよく知りたい、興味があるのサインです。


⇒ 暑い夏を乗り切る!ひんやりグッズ特集【楽天】


スポンサーリンク